NEWS

国宝の「風神雷神図屏風」 マリオとルイージになっちゃった

2015年08月31日 00時01分 JST | 更新 2015年08月31日 00時01分 JST

国宝の「風神雷神図屏風」をモチーフにした「マリオ&ルイージ図屏風」が完成した。10月から一般公開される。

nintendobyobu

日本画家・山本太郞さんの「マリオ&ルイージ図屏風」

「風神雷神図屏風」を描いたのは、江戸時代初期の日本画家、俵屋宗達だ。2015年は、俵屋宗達らが属した日本画の流派「琳派(りんぱ)」が、現在の京都市に誕生してから400周年を迎えたとして、記念祭が実施されている。

折しも2015年は、同じく京都市に本社を置く任天堂がTVゲーム「スーパーマリオブラザーズ」を発売してから30周年。そこで伝統と現代、異質な文化が同居する「ニッポン画」を提唱している日本画家の山本太郎さん(41)が、「琳派の画法でマリオを描きたい」と任天堂に提案して、異色のコラボが実現したという。

雷神がマリオ、風神がルイージで描かれているほか、亀の「パタパタ」や砲弾のような「キラー」といったゲーム中に出てきた敵キャラクターも散りばめられている。寸法は、オリジナルの屏風と同じく立て154.5cm、横168.8cmの物が2枚セットになっているという。

この屏風は、10月23日から京都市の美術館「えき」KYOTO(ジェイアール京都伊勢丹7F)で開催される「琳派からの道 神坂雪佳と山本太郎の仕事」展で一般公開される予定だ。

fujin

俵屋宗達の「風神雷神図屏風」

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

コスプレ美女120選