Huffpost Japan

長生きしたければ、この17の食材を食べましょう。科学が証明

投稿日: 更新:
印刷

世界一の高齢者、116歳のスザンナ・ムシャット・ジョーンズさんは、ベーコンと卵と、トウモロコシがたっぷり入った食事をほぼ毎朝楽しんでいる。その朝食はおいしそうだが、はたして栄養学的にも長く良い食材なのだろうか。

卵とトウモロコシはさておき、くり返し十分に摂取した場合、人の寿命を延ばすのに役立つとされる食品がある。例えば、心臓疾患やがんなど、加齢と関わりがある病気に、抗酸化物質は効果があるという。自然は、おいしいベリーやにんにくや、他の美味しい食材を通じて、抗酸化物質を届けてくれる。

以下のリストで、長生きや健康な暮らしにつながる食物をチェックしよう。さあ大きなボウルに好きな食材を入れて、モリモリ食べて、そして最高の人生を送ろう。

  • 1
    ダークチョコレート
    MIRIAM2009 VIA GETTY IMAGES
    素晴らしいニュースから始めよう。ダークチョコレートには、フラボノイドと抗酸化物質が含まれていて、どちらも炎症を抑え、血栓防止する効果がある。 研究によると、炎症は、加齢や加齢性疾患と関わりがあり、抗炎症作用のある食品は、長寿の鍵となる。
  • 2
    ブロッコリー
    DANIEL GRIZELJ VIA GETTY IMAGES
    ブロッコリーなどのアブラナ科の野菜は、スルフォラファンなどの、がんを予防する化学物質を含んでいる。ある研究では、ブロッコリーを食べる人は、食事に(ブロッコリーを)含まない人よりも長生きすることが発見された。
  • 3
    ナッツ類
    ZOONAR/PHOTOGRAPHER: MARKUS GANN VIA GETTY IMAGES
    最新の研究では、毎日ひと握りのナッツ類を食べることには寿命を延ばす効果があるという。とくに、ナッツ類を食べる人は、糖尿病やがんのような、命に関わる病気で死亡するリスクが低くなることがわかった。
  • 4
    ビート
    PILIPPHOTO VIA GETTY IMAGES
    根菜のビートは、ビタミンと呼ばれる化合物を豊富に含んでおり、それらは抗炎症作用がある。
  • 5
    トマト
    BIG CHEESE PHOTO VIA GETTY IMAGES
    このジューシーな野菜は、人の健康に大きく関わってきた。アメリカ人はたくさんのトマトや、トマト製品を食べるが、それは良いことだ。トマトは、一部のがんや心血管性疾患、骨粗鬆症などにかかるリスクを低減することがわかっている。トマトはビタミンCが多く含まれ、リコピンと呼ばれる抗酸化物質を豊富に含んでいる
  • 6
    ベリー
    JULIA KHUSAINOVA VIA GETTY IMAGES
    甘いイチゴやブルーベリーは、豊富な抗酸化物質が含まれており、老化防止に役立つ。とりわけベリーは、脳機能と筋肉維持をサポートする抗酸化物質アントシアニンを含む
  • 7
    オリーブオイル
    BRIAN HAGIWARA VIA GETTY IMAGES
    地中海の食材は、主役のオリーブオイルが、世界で最も健康的な食事法の一つとして脚光を浴びてきた。オリーブオイルの脂質は、加齢による認知機能の低下を防ぐ効果があるという。
  • 8
    サーモン
    TRINETTE REED VIA GETTY IMAGES
    サーモンはどう食べても、寿司でもベーグルの具にはさんでも、オメガ3脂肪酸を豊富に含んでいる。これらは、認知機能の低下の予防し、炎症を抑える効果がある
  • 9
    クランベリー
    MAXIMILIAN STOCK LTD. VIA GETTY IMAGES
    タルトを食べるときは、クランベリーが乗っているものを選ぼう。ベリーは健康長寿を支える抗酸化物質を含む。そしてさらには、ある研究では、オレガノとクランベリーを混ぜたものがショウジョウバエの寿命を延ばすことが発見された。 研究グループは、その植物の混合物が人間に対しても同様の効果を持ち、加齢性疾患を避けるのに役立つと述べた。
  • 10
    辛い食べもの
    IAIN SARJEANT VIA GETTY IMAGES
    もしあなたが辛いものが好きなら、かなり長い間、スパイスの効いた人生を楽しめるかもしれない。最近発表された中国の研究では、コショウなど辛い食材を食べる人たちは、早死にする可能性が低かったという。同研究グループは、辛いものを食べる人は、がんや心疾患で死亡するリスクが低いことも発見した。
  • 11
    緑茶
    ANDREW UNANGST VIA GETTY IMAGES
    コーヒーをお茶に替える必要はないが、日々の飲みものに、緑茶を加えるといいだろう。カテキンを含む緑茶や紅茶は、あなたの心臓を守る作用がある。 ある日本の研究では、緑茶を大量に飲む人、または1日に最低500ミリリット程度を飲む人は、心臓疾患や心臓発作のリスクが低く、より長生きする傾向があるという。
  • 12
    ニンニク
    LS9907 VIA GETTY IMAGES
    ニンニクは、風味のあるどんな食事もより良いものにするものだが、それをそこに添えてもなお良い。それを食べることには寿命を延ばす潜在力がある。ニンニクには抗酸化物質が詰め込まれていて、血圧の調整に役立つと考えられている。
  • 13
    ホウレンソウ
    RACHEL HUSBAND VIA GETTY IMAGES
    最近の研究で、豊富なビタミンKを含むホウレンソウ(青菜)を食べることは、加齢による認知機能の低下を防止する効果があるという。
  • 14
    アボカド
    PATRIZIA SAVARESE VIA GETTY IMAGES
    どうぞアボカド・トーストを作り続けてください。その素晴らしいフルーツはストレスを低減する効果があり、抗酸化作用のあるビタミンEも多く含まれる。
  • 15
    リンゴ
    JUPITERIMAGES VIA GETTY IMAGES
    リンゴは、抗酸化物質を豊富に含む素晴らしい食品だ。リンゴの栄養をちゃんと摂取するために、必ず皮を食べるようにしてほしい。そこには多くの栄養素が含まれている。リンゴは食物繊維を含み、消化器官の健康維持や心臓疾患の防止の効果があるという。
  • 16
    アスパラガス
    JUPITERIMAGES VIA GETTY IMAGES
    アスパラガスの茎は、“抗酸化物質の母”といわれるグルタチオンを豊富に含む。それは心臓疾患や認知症、がんのリスクを低減する。また、アスパラガスに含まれる葉酸は、認知機能を支える効果があり健康な脳づくりをサポートする。
  • 17
    キムチ
    RUNPHOTO VIA GETTY IMAGES
    キムチやサワークラウト、ヨーグルトなどの発酵食品に含まれる善玉菌は、不安や憂鬱などの症状を抑制する効果があることがわかった。さらに良いことに、ほとんどのキムチにはニンニクを含まれるため、その強力な抗酸化物質も一緒に食べられる。ある研究では、キムチに含まれる善玉菌のひとつ、乳酸菌が結腸がん防止に役立つという。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】
ありきたりな朝食を変える、11の天才的な卵料理アイデア
scramble egg in shell

Close
「ベジタリアン向け、オメガ3脂肪酸が多い食べ物8選」
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
ハフポスト日本版ライフスタイルはTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

男性長寿世界一・木村次郎右衛門さんは何を食べていたか