NEWS

錦織圭、まさかの初戦敗退 何があった?【全米テニス】

2015年08月31日 20時02分 JST | 更新 2015年08月31日 20時02分 JST
ASSOCIATED PRESS
Kei Nishikori, of Japan, reacts after losing a point to Benoit Paire, of France, during the first round of the U.S. Open tennis tournament, Monday, Aug. 31, 2015, in New York. (AP Photo/Charles Krupa)

テニスの4大大会の今季最終戦、全米オープンが8月31日、ニューヨークで開幕し、男子シングルス1回戦で、昨年準優勝した第4シードの錦織圭は、世界ランキング41位のベノワ・ペール(フランス)に4-6、6-3、6-4、6-7、4-6で逆転負けした。

47NEWSは「昨年準優勝の錦織は第4セットをタイブレークで逆転されて失うと、第5セットは最後までショットと動きに切れが戻らなかった」と伝えた。

まさかの初戦敗退。錦織は試合後、敗因について次のように語った。

――敗因は?

第4セットのタイブレークを引きずっていた。なかなか彼をどう崩していくのか、最後は特に頭に入っていなかった。それが一番の負けた原因。自分のテニスが悪かったというよりも、相手に好きなプレーをさせてしまった。

錦織「やっぱり悔しい」 敗因は「タイブレークを引きずった」 ― スポニチ Sponichi Annex テニス 2015/09/01 06:58)

初戦敗退した錦織圭

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

スポーツ長者番付 世界ランキング