【安保法案】安倍首相、国会審議中の「ミヤネ屋」出演が波紋

投稿日: 更新:
印刷

安倍晋三首相が9月4日、大阪を訪れ、バラエティー番組2本に出演した。いずれも安全保障関連法案についての解説が主な内容だったが、参院の特別委員会で法案審議がある日に、大阪まで出向いてテレビ番組に出演したことで、波紋が広がっている。

首相はこの日午後、閣議を終えたあと、大阪市中央区で読売テレビの情報番組「そこまで言って委員会NP」の収録(6日放送)と、「情報ライブ ミヤネ屋」の生放送に出演、安保法案や政局について、学者やタレント、ジャーナリストらの質問に答えた。「そこまで言って委員会」では、司会の辛坊治郎氏が「国会開会中で、実はまずいんじゃないですか?」と聞いたのに対し、安倍首相は「国民にしっかり説明せよと言われておりますので、総理大臣の役目として、こういう番組を通じて、国民の皆様にわかりやすく説明をしたい」と答えた。

この日は参院の安保法案に関する特別委員会が開催されていた。自民党側は、安倍首相の出席要求は出ていなかったと説明しているが、日本経済新聞によると、4日の理事懇談会で鴻池祥肇委員長(自民)は「一国の首相としてどういったものか」と不快感を示した。

野党は攻勢を強める構えだ。特別委員会の福山哲郎理事(民主)は4日の記者会見で「中谷大臣の答弁が二転三転している中、安倍総理には安保特委員会に出て説明するよう再三再四要求をしているが、委員会質疑に出てこない。そのような中、わざわざ大阪まで出向いてテレビの生中継に出演し、他の番組の収録も行っていた」と批判した

6日放送のNHK「日曜討論」でも「遺憾だ」との指摘が上がり、自民党の佐藤正久氏(党国防部会長)は「事実関係を含めて火曜日(8日)の委員会の理事会に官邸から報告される。私も中身を注視したいと思いますが、おととい(4日)の委員会では、総理の(出席)要求は与野党の合意の上で求めていなかった。そういう時に、国民の理解を得るために、総理の判断としておそらくテレビという手段を使われたのではないか」と答え、出席要求が出ていない日のテレビ出演は問題ないとの認識を示した。

■「#国会サボる総理はいらない」がトレンド入り

Twitterではハッシュタグ「#国会サボる総理はいらない」が一時トレンド入りした。

漫画家のぼうごなつこさんは、漫画で安倍首相の姿勢を皮肉った。

一方で審議拒否する野党議員への批判もみられる。

Close
安保関連法案・国会の内と外
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

山形市長選13日投開票 安保法案、直近の民意!?

安保法案 学者と学生が反対訴える 新宿

自民 安保法案今国会成立を 民主 強引な採決認めず

新宿で安保法案反対集会 雨の中、歩行者天国埋め尽くす