NEWS

渋谷の街を彩った人々 日本の歩みを凝縮したタイムスリップ画像集

2015年09月09日 00時43分 JST | 更新 2015年09月09日 00時52分 JST

1日約37万人が乗り降りする日本有数のターミナル、渋谷(JR東日本、2014年度)。

センター街や「109」「Bunkamura」など、東京、そして日本の若者文化の発信地ともなってきた。

駅周辺は時代とともに、その姿を大きく変えてきた。2013年の東京メトロ副都心線・東急東横線の相互直通運転開始などに伴い、さらに再開発が進んでいる。

駅前の表情、渋谷を彩った人々の姿を追った。

1955年ごろの渋谷駅前 (C)Getty Images

賃上げを求める労働組合のビラが大量に貼られた山手線の車両。1975年5月。(C)時事通信社

2002年6月14日、サッカー・ワールドカップで日本代表の決勝トーナメント進出に歓喜するサポーターら。(C)時事通信社

2014年4月4日、渋谷駅前のスクランブル交差点に現れたミランダ・カーさん。(C)時事通信社

懐かしの渋谷

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています