NEWS

ロシア軍、シリアで戦闘に参加 アサド政権支援

2015年09月10日 21時49分 JST | 更新 2015年09月10日 21時49分 JST
AFP via Getty Images
Russian President Vladimir Putin looks on during a meeting with his Armenian counterpart Serzh Sarkisian in Novo-Ogaryovo presidential residence outside Moscow, on September 3, 2013. Putin, a vocal critic of the West's policies on Syria, has expressed strong doubt that Syrian President Bashar al-Assad was behind an alleged chemical attack on August 21 that has prompted calls for military action. AFP PHOTO / POOL / MAXIM SHIPENKOV (Photo credit should read MAXIM SHIPENKOV/AFP/Getty Images)

[モスクワ/ベイルート/ワシントン 9日 ロイター] - ロシア軍が、内戦の続くシリアでアサド政権軍を支援するため、戦闘に加わったことが分かった。事情に詳しいレバノンの関係筋3人が明らかにした。

ロシア軍のシリア内戦への関与拡大は米国が懸念する事態。ただ、レバノンの関係筋によると、戦闘に参加しているロシア軍兵士は、今のところ少人数だという。

複数の米当局者は、ロシアが最近シリアに戦車揚陸艦2隻や輸送機などを派遣し、少数の海軍歩兵部隊も派遣されたと述べた。ロシア側の意図は不明だという。

しかし、米当局者の1人は、シリアのアサド大統領の拠点である港町ラタキア近郊で航空基地を整備しているのではないかとの見方を示した。この基地が出撃拠点となる可能性があり、米当局者もその可能性を否定しなかった。

一方、ケリー米国務長官は、ロシアのラブロフ外相にロシア軍のシリアでの動きに関する報道について懸念を伝達。内戦の悪化につながると強い警戒感を示した。

押し寄せる難民たち