NEWS
2015年09月11日 15時10分 JST | 更新 2015年09月11日 15時46分 JST

マクドナルドのメニュー、1955年と今の量を比べると?

マクドナルドの1号店は、1955年にアメリカで産声を上げた。ネットメディアの「Damn Cool Pictures」によると、当時はハンバーガーやシェイク、ポテトなど、9つのメニューしかなかったという。

人気メニューのハンバーガーやポテト、当時と比べて現在はどう変わったのか、バズフィードが重さに注目して比較した動画を紹介している

それによると、現在のアメリカのメニューでは、ハンバーガーは当時と比べて小さくなった一方、ポテトは容量がアップした。

mac

では日本はどうなんだ? 結果はこうだ

mac

バズフィードの映像と日本マクドナルドの資料を元にハフポスト日本版作成

日本では、ハンバーガーもポテトも容量アップだ!

しかも驚愕なことに、ポテトのMサイズ及びLサイズは、現在、アメリカよりも大きな容量で販売されているようだ…。ゴクリ。

マクドナルド 主要商品のカロリー(2015/04/28)

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています