Huffpost Japan

「デスノート」実写映画の続編、10年ぶり製作へ 新たな〝カリスマ〟登場

投稿日: 更新:
印刷

oricon style

『デスノート』新たに実写映画化 ドラマ版ではなく“正統続編”、デスノートは6冊

2006年に藤原竜也と松山ケンイチの出演で公開された実写映画『DEATH NOTE』の正統な続編となる『デスノート 2016』(仮)が製作されることが13日、わかった。この日、最終回を迎えた窪田正孝と山崎賢人によるドラマ『デスノート』とは別物になる。実写映画版の誕生から10年目となる来年、物語の舞台も2016年とし、これまでの映画、ドラマ、アニメ、舞台では使用されていなかったが、原作には存在しているデスノート“6冊ルール”をもとに、完全オリジナル新作として登場する。公開は2016年予定。

6冊ルールとは「人間界で同時に存在していいデスノートは6冊まで。もちろん死神自身が所有するノートはその数に入らない。よって、人間にノートを所有させる事で人間界にいていい死神も6匹まで」というもの。続編映画では、地上に舞い降りた6冊のデスノートをめぐる頭脳戦とアクションバトルが繰り広げられることが予想される。

この日、明らかになったのは、新たな物語は、世界的なサイバーテロが頻発する超高度情報化社会となった2016年を舞台に、夜神月とLのDNAを受け継いだ新たなるカリスマが登場すること。何をどのように受け継いだ存在なのかは今は伏せられているが、ふたりの天才の意志を継ぐ者たちと、保持者がわからない新たなデスノートを巡る戦いが、海外ロケーションを交えた全世界スケールで描かれるという。

監督は、『GANTZ』『図書館戦争』『万能鑑定士Q-モナ・リザの瞳-』などアクション、ミステリー大作を手がけてきた佐藤信介氏。現時点では、脚本家と原作者の同作への参加は未発表。ストーリー詳細のほか、キャストや撮影スケジュールなども明かされておらず、通常の製作決定一報で出される原作者コメントなどもないことから、方向性も含めてプロジェクトが秘密裏に進められているようだ。

 ドラマ版の最終回でオンエアされた新作映画の特別映像では、6冊ルールのほか「夜神月、復活」「Lの後継者」「弥海砂」「死神の目」「ノートの封印」というキーワードがちりばめられていた。前作の藤原と松山も映し出されているが、ふたりの新作への関わりも不明で、一大プロジェクトはベールに包まれたまま。その概要は追って明かされていく。

映画、ドラマだけでなく、アニメ、小説、舞台とメディミックス展開されている『デスノート』。映画前作『DEATH NOTE』、スピンオフ『DEATH NOTE the Last name』2部作の興行収入は80億円を超えるヒットを記録。海外からの注目度も高く、2作合わせると35の国際映画祭から招待を受け、60以上の国と地域で公開。今なお拡大を続けている。最終回を迎えたドラマ版も初回視聴率は16.9%を記録。放送開始と同時に127ヶ国での放映、配信が決定するなど、全世界からの高い注目を集めるコンテンツであることを示していた。

【関連記事】

Also on HuffPost:

Close
コスプレ美女120選
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

DEATH NOTE - Wikipedia

オリジナル新作映画『デスノート 2016』(仮)特別映像! | ORICON STYLE

「DEATH NOTE」新情報解禁へ向けたカウントダウンがスタート