NEWS

安保法案の特別委採決、茂木健一郎さんが批判「あれが採決なんてふざけすぎ。全員国会議員やめたら」

2015年09月17日 17時49分 JST | 更新 2015年09月17日 19時43分 JST
Sankei via Getty Images
TOKYO, JAPAN - MAY 21: Japanese brain scientist Kenichiro Mogi is seen on May 21, 2010 in Tokyo, Japan. (Photo by Sankei via Getty Images)

参議院の特別委員会は9月17日、安全保障関連法案を採決し、賛成多数で可決した。しかし、この採決が混乱のなかで行われ、批判が出ている。

この日、特別委は午後1時に再開。鴻池祥肇委員長の不信任動議を、賛成少数で否決した。その後、委員長席に戻った鴻池氏は、審議を締めくくる総括質疑を行わないまま採決を強行。しかし、議場は野党議員らが抗議を繰り返すなどして騒然としており、委員長が何を言ったか聞き取れない状況だった。

この採決について、脳科学者の茂木健一郎さん(52)はTwitterに怒りを投稿。「あれが採決なんて、ふざけすぎてる」「全員国会議員やめたら」などとツイートした。

安保関連法案・国会の内と外

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています