NEWS
2015年09月17日 18時35分 JST

ワタミが外国人旅行者向けの店を展開へ 勝算はあるの?

居酒屋チェーン大手の「ワタミ」は、外国人観光客向けの新しいタイプの店舗を展開する方針を固めた。和食と日本酒をメニューの中心とするほか、客が浴衣を着たり、そば打ちを体験したりもできるようにするという。

9月17日のNHKニュースによると、ワタミは大手旅行会社の「エイチ・アイ・エス」などと提携。11月に、東京・六本木に1号店をオープンする計画だという。

■ワタミは外国人に人気なの?

電通の「ジャパンブランド調査2015」によると、海外20カ国・地域で行ったアンケート調査では、海外からの訪問客が日本に来て一番やりたいことの1位は、「日本食を食べる」ことだった。そのなかでも、何を食べたいかについては、「寿司」「刺身」「天ぷら」「ラーメン」などが上位に入った。

2014年12月26日放送の「なんでもワールドランキング ネプ & イモトの世界番付」(日本テレビ系)が、日本にいる300人、外国人の4000人にアンケートをしたところ、「外国人が選ぶ 好きな外食チェーン店ランキング」の5位に、ワタミがランクイン。

その理由について、カナダ出身の女性は「みんなでいっぱい注文してシェアするから。7〜8時間くらい(ワタミに)いる」と回答。ロシア出身の女性は「ワタミの玉子焼きはす〜ごい最高!」と話した。

番組によると、ワタミの居酒屋では4カ国語に対応できるメニューが店内に常備されており、外国人向けのガイドブックにも紹介されているという。そのガイドブックには、「非常にリーズナブルで、ものすごい数のメニューがある。刺し身や海苔巻き、焼き鳥、餃子などを提供している」などと紹介されており、様々な日本食が一度に楽しめることも人気になっているようだ。

同番組で紹介された10位までのチェーン店は次のようになっており、専門メニューを提供する店が多かった。

1位:サイゼリヤ

2位:吉野家

3位:すき家

4位:松屋

5位:ワタミ

6位:CoCo一番屋

6位:スシロー

8位:鳥貴族

9位:大戸屋

10位:てんや

なお、ワタミは2014年3月、外国人もターゲットにした和食カジュアルダイニングとして「炉ばたや銀政」をオープン。9月には寿司メニューを強化した2号店を、六本木店にオープンさせた。

2014年8月放送のワールドビジネスサテライトによると、それまでの居酒屋から新業態に変わった「炉ばたや銀政」の銀座店では、月間売り上げが1.4倍に伸びたという。

渡辺美樹議員・発言集

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています