NEWS

「日本サッカーの父」クラマー氏死去 東京オリンピックでベスト8に導く

2015年09月18日 18時30分 JST | 更新 2015年09月18日 18時30分 JST

1960年に来日し、日本サッカーの発展に貢献したドイツのサッカー指導者、デットマール・クラマー氏が9月17日、亡くなった。90歳だった。朝日新聞デジタルなどが報じている。

dettmar cramer

クラマー氏は1925年生まれ。1960年にコーチとして来日。1964年の東京オリンピックでは、日本代表のベスト8入りに導いた。また1965年には、リーグ戦の創設を訴えて、今のJリーグの前身となる日本サッカーリーグ設立に導いた。1968年メキシコオリンピックで得点王を取り、銅メダルに導いた釜本邦茂さんを指導したことでも知られる。

こうした功績から、「日本サッカーの父」と呼ばれ2005年、「日本サッカー殿堂」にも選ばれていた。

2015年に亡くなった著名人

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています