NEWS

「憲法はあなたのためのものじゃない」安倍内閣に岡山弁護士会が会長コメント【安保法】

2015年09月27日 19時25分 JST | 更新 2015年09月27日 22時17分 JST

与党が参院で安全保障関連法案を強行採決したことについて、岡山弁護士会は9月24日、会長声明を発表し、強く抗議した。

声明は、全国90%以上の憲法学者が安保法案の違憲性を指摘していると主張。17日の強行採決について「多くの国民の世論を聞こうとせず、違憲と主張する圧倒的多数の憲法学者など専門家の見解にも耳を貸すことなく、自らの偏った信念だけで、強行採決したことは、憲政史上最大の汚点となることは明らかである」と厳しく批判した。

さらに、同会は、「安保法案を提出した安倍内閣、これに賛成した全ての国会議員に対する会長コメント」も合わせて発表。「憲法は あなたのための ものじゃない まもり護って 国の礎」とシンプルな2文で、強烈に意見表明した。

岡山弁護士会 会長コメント 憲法は あなたのための ものじゃない まもり護って 国の礎

強行採決をめぐっては、新潟県弁護士会も会長声明を発表。「おかしいだろ、これ。」と、短文で抗議していた。

安保関連法案・国会の内と外

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています