NEWS

東京オリンピック 1964年、街は大きく変わっていった【画像集】

2015年09月27日 22時36分 JST | 更新 2015年09月29日 01時21分 JST

1964年10月10日、秋空に航空自衛隊のブルーインパルスが五輪のエンブレムを描き、東京オリンピックが始まった。

(C)AP

代々木にあった旧日本軍の練兵場は米軍関係者の住宅となっていたが、オリンピック直前に返還され、選手村となった。

(C)時事通信社

日本の高度成長と国際社会への復帰をアピールする一大イベントに合わせ、東京の街は造り替えられ、新幹線やモノレール、首都高速道路が行き交う近代的な様相へと変貌した。

(C)時事通信社

当時は珍しかった外国人の案内や、街の清掃に、ボランティアが熱心に取り組んだイベントでもあった。

(C)時事通信社

2020年7月24日に開幕する2度目の東京オリンピックは、東京の街を、どう変えていくのだろうか。

東京オリンピック(1964)

【訂正】2015/09/28 13:20 一部写真を差し替えました。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています