NEWS

SEALDs 奥田愛基さんへの脅迫状で明治学院大が声明「言論の自由に対して許しがたいこと」

2015年09月29日 19時02分 JST | 更新 2015年09月29日 19時06分 JST
時事通信社

安全保障関連法案へ反対してきた学生団体「SEALDs」の中心メンバー・奥田愛基(あき)さん(23)殺害を予告するような内容の脅迫状が届いた事件で、奥田さんが通う明治学院大学は9月29日、声明を発表した。声明は脅迫行為について、「言論の自由に対して許しがたいこと」としている。

sealds 脅迫文への声明「本学は、今般報道されている本学学生を脅迫する行為については、言論の自由に対して許しがたいこととして、認識しております。現在、大学からも両キャンパスの最寄りの警察署に届け、相談をしております。今後も大学としてしかるべき対応をし、学生、教職員の安全に配慮する所存です。明治学院大学」

脅迫状は24日夕方、同大学に封書で届いた。奥田さんとその家族の殺害を予告する内容だった。大学側は、港区と横浜市の両キャンパスそれぞれの所轄警察署に相談。奥田さん自身もTwitterに「何か意見を言うだけで、殺されたりするのは嫌」などと投稿していた。

安保関連法案・国会の内と外

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています