ライフスタイル

別れて彼を失ったら――。ダンサーが言葉にならない想いを伝える(動画)

2015年09月29日 14時34分 JST | 更新 2015年09月29日 14時39分 JST

別れが、どのように訪れるかなど誰にも分からない。ある恋愛に溺れ、ひとりもしくは2人が、一緒に築き上げてきた生活にしがみついていると、いつか何らかの恋の駆け引きを経験する運命にあるのだ。

新しい豪華なコンテンポラリー・ダンス『レット・イット・ゴー』の演出のなかで、ダンサーのチャズ・ブザンとコートニー・シュヴァルツが完璧に、別れを表現している。振り付けは、リアリティ番組『アメリカン・ダンスアイドル』でよく知られるタリア・ファヴィアが担当した。

ファヴィアは、ハフポストUS版のインタビューで、「この歌をよく理解するために、自分の個人的な別れのエピソードを引っ張り出してきたんです」と語った。

「かつては、とっても特別な存在だったものが、終焉を迎えようとしているときに感じる、すべての感情――悲しみ、怒り、困惑、疑い、そして最後にやってくる安堵――をみなさんに示してみたかったのです」

リードダンサーであるブザンが、ファヴィアのボーイフレンドである事実も、作品に奥深さを与えている。「私も考えた瞬間がありましたね。『もし彼を失ったとしたら、どうなるの? これが私たちの間に起こったとしたら、どうなるの?』って」

さあ、この胸を締めつけられるような、上の動画を見てみよう。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】

バレエの天才セルゲイ・ポルーニン 悩み深く、セクシーな舞踊

pop

ハフポスト日本版ライフスタイルはTwitterでも情報発信しています

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png