NEWS

中国南西部で連続爆発、7人死亡 33歳男を容疑者と特定

2015年09月30日 20時47分 JST | 更新 2015年09月30日 21時35分 JST
Xinhua News Agency via Getty Images
LIUCHENG, Sept. 30, 2015 -- Photo taken on Sept. 30, 2015 shows the damaged buildings at a blast site in Liucheng County, south China's Guangxi Zhuang Autonomous Region. The death toll from 17 suspected letter bombs in Liucheng on Wednesday afternoon has risen to seven, with two missing and another 51 injured. The explosions occurred at the seat of Liucheng county and the surrounding areas, including a shopping mall and the dorm of a local animal husbandry bureau, with the first heard at about 3:15 p.m.. Police have identified a 33-year-old man named Wei, a native of Liucheng county, as a suspect. (Xinhua/Zhang Ailin via Getty Images)

中国南西部の広西チワン族自治区柳州で30日、小包爆弾が相次いで爆発し、少なくとも7人が死亡、51人が負傷した。さらに2人が行方不明になっているという。国営メディアが伝えた。

新華社によると、警察は地元の33歳の男を容疑者と特定し捜査を続けている。

メディアの写真などには、崩壊した建物のほか、煙が立ち上り、道路にがれきが散乱している様子が写されている。

報道によると、爆弾は病院やショッピングモール、刑務所、政府施設など13カ所で爆発。当局はテロの可能性はないとしているという。

広西チワン族自治区は、ベトナムとの国境に接している。少数民族もいるが、おおむね平穏な地域だった。[北京 30日 ロイター]

【関連記事】

関連記事

天津大爆発