ライフスタイル

にゃんと、目玉焼きが"猫"になっちゃった(画像)

2015年10月06日 00時19分 JST | 更新 2015年10月06日 00時19分 JST

朝食の卵は、1日のはじまりにぴったり。美味しくて、お腹が満たされて、さらにたんぱく質も摂取できます。この目玉焼きをもっと楽しもうと「卵の形に変える」方法を見つけた人たちがいます。これまでに円形やハート型、さらには骸骨型も開発されました。

しかし、これら目玉焼き型も、これから発売されるEgg Addiction社の「猫型の目玉焼き」に比べれば、影がかすんでしまいます。とにかく卵がどんなに可愛いか見てみてください。

egg addiction

猫の目玉焼きは、朝の新しい楽しみになるでしょう。実は、猫型の完璧な目玉焼きを作るにはコツがあります。黄身と白身を分けておいてから、型の目の部分に黄身を流し込むのがポイントです。いつもの目玉焼きよりちょっと手間かもしれませんが、可愛い猫型の目玉焼きを作ってみませんか?

にゃんと、この型は、パンケーキを作るのにも使えます。

egg addiction

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】

ありきたりな朝食を変える、11の天才的な卵料理アイデア

scramble egg in shell

アボカドごはん

ハフポスト日本版ライフスタイルはTwitterでも情報発信しています