NEWS

【観艦式】「しまかぜ」が祝砲、ブルーインパルスがハート描く 第1回事前公開の動画・画像集

2015年10月12日 19時41分 JST | 更新 2015年10月18日 00時49分 JST

3年に1度開かれる海上自衛隊で最大のイベント「観艦式」の第1回事前公開が10月12日に実施された。50隻の艦艇と、61機の航空機が相模湾に集結した。この日は、安倍首相が参加する18日の本番を前にした予行演習。晴れ渡った秋空の下、抽選にうかった見学者や報道陣らも護衛艦に同乗し、居並ぶ艦艇や航空機の競演に目を見張っていた。

観艦式2015 第1回事前公開


護衛艦「しまかぜ」が祝砲を撃ったほか、「おおたか」などミサイル艇3隻が防御用のデコイを発射。P-1哨戒機もフレアー発射を披露。空母に匹敵すると言われるヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」や、アメリカ海兵隊の輸送機オスプレイも初参加した。トリを務めたのは、やはり初参加となる航空自衛隊の曲技飛行チーム「ブルーインパルス」。太平洋の空に桜の花やハートマークを描いて、イベントの成功を祝った。

【UPDATE】18日には、観艦式本番の模様がライブ中継されている。(2015/10/18 12:00)


【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています