NEWS

小6女子が特許 アルミ缶・スチール缶を自動分別するゴミ箱、どんなしくみ?

2015年10月14日 00時50分 JST | 更新 2017年03月13日 19時27分 JST
安城市

愛知県安城市に住む小学校6年の少女が、磁石の力を利用してスチール缶とアルミ缶を自動分別するゴミ箱を開発し、特許を取得した。小学生が特許を取得した例は全国で3例目で、大変珍しいという。10月14日、産経ニュースなどが報じた。

特許を取ったのは、安城市立丈山小学校の神谷明日香さん(12)。ごみ箱は高さ約90センチの直方体。缶の投入口のすぐ下に磁石を設置。鉄が磁石にくっつく性質を利用して、自動分別できるようにしたというシンプルなものだ。ホームセンターで手に入る安価な材料で制作したという。

「落とすだけ!分別ゴミ箱」

9月9日放送の「あさチャン! 」(TBS系)によると、一番のこだわりは、投入口につけたプラスチック製の薄い板。これがないと、スチール缶が磁石にくっついてしまい、下に落ちなくなってしまう。板の大きさは1〜5センチで実験を行い、一番分別の確率の高かった3センチ幅のものを使用したという。

開発のきっかけは、神谷さんのおじいさんが自宅前の自動販売機の空き缶を、苦労して仕分ける姿を目にしてきたことだったという。「分別作業が簡単にできないか」と考えて、2014年の夏休みの自由研究で取り組んだのが出発点だった。

神谷さんは、この仕組みを「低コストで分別できる空き缶分別箱」として申請し、8月14日付で特許を取得。神谷さんは「おじいちゃんに使ってもらいたい」と話している

【ビジネス】もらったら二度と忘れないアイデア名刺

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事 「僕は笑顔を作る仕事がしたい」外資系キャリアを捨てた男性がビジネスでアフリカに貢献する理由[SPONSORED]