Huffpost Japan

プレイボーイ誌、ヌード掲載取りやめへ どうして?【表紙画像集】

投稿日: 更新:
印刷
Close
プレイボーイ誌の主な表紙
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

アメリカの男性誌「プレイボーイ」は10月13日、同誌の看板だった女性のヌードグラビア掲載を2016年3月号から取りやめると発表した。1953年の創刊以来、アメリカンポップカルチャーを担い続けてきた同誌の方針転換は、出版業界に衝撃を与えそうだ。47NEWSなどが報じた。

インターネットでヌードが簡単に見られる時代になった点が大きい。プレイボーイはウサギをデザインしたロゴで世界的に知られるが、ヌード掲載を続けた場合、ロゴの権利料の収益に悪影響が出かねないとの判断もあった。

米国では1972年11月に700万部を売り上げる人気を誇ったが、現在は約80万部まで落ち込んだ。

プレイボーイ誌、脱ヌード ネットに氾濫、誌面刷新 - 47NEWS 2015/10/14 05:56)

収益の柱は現在、香水や宝飾品、入浴関連製品に使うロゴの権利料などが中心になっており、4割を中国が占めるとされる。

プレイボーイは著名人の硬派インタビューでも知られる。同誌は、Facebookなどのソーシャルメディアに投稿しやすいよう、2014年8月にウエブサイトではヌード写真を排除。その結果、サイトの利用者の平均年齢は47歳から30歳に、月の利用者数も400万人から1600万人に急増したという。

playboy

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

Also on HuffPost:

Close
American Beauty Photo Series
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

米プレイボーイ誌、「ヌード」卒業へ 創業者も合意 WEBサイトはすでに ...

米プレイボーイ誌、フルヌード写真の掲載を3月から取りやめ| Reuters