Huffpost Japan

「アラジン」にまつわる有名な"あの説"は本当だった 監督が肯定

投稿日: 更新:
印刷

disney

ディズニー・ファンの間では、1992年の大ヒット映画「アラジン」にまつわる、ある"説"が出回っていた。それは、映画の冒頭に登場し、物語の進行役をつとめる行商人・ペドラーが、実は作品中に登場するランプの魔人「ジーニー」が変装した姿なのではないか、というもの。

この説の根拠として、行商人の指がジーニーと同じく不自然な4本であること、行商人の声優を担当したのがジーニーと同じロビン・ウィリアムズであることなどが挙げられていた。

どうやら、この説は本当だったようだ

「アラジン」の冒頭に登場する、物語の進行役「ペドラー(行商人)」


アメリカのニュース番組「E! News」に登場した同映画の監督であるジョン・マスカー氏とロン・クレメンツ氏が、番組中のインタビューでこの説について言及、それが真実であることを認めたのだ。クレメンツ氏は番組中で「『アラジン』の冒頭に登場する行商人がジーニーなのではないかという説を見たが、これは事実だ」と述べた。

クレメンツ氏によれば行商人の「秘密」は当初、映画のエンディング部分で視聴者に明かされる予定だったが、編集の過程でこのシーンがカットされることになったのだという。

近年では「アナと雪の女王」や「ハリー・ポッター」シリーズなど、ファンの都市伝説を監督が「公認」する事例が増えているが、この潮流に「アラジン」も加わったことになる。

via GIPHY

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。


Close
ディズニーのキャラクターを演じたセレブ
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

ディズニー|Disney.jp

ウォルト・ディズニー・カンパニー - Wikipedia

「アナ雪」登場キャラで装飾!ディズニーアンバサダーホテルにスペシャルルーム登場

【エンタメよもやま話】ハロウィンもUSJ圧勝のワケ…東京ディズニーは「夢」に敗れた

過剰なディズニーファンと「モンスターピアレンツ」の共通点

ディズニーおせちの予約受付中、ミッキー型の重箱や「アナ雪」など全7種