Huffpost Japan

川崎宗則のスピーチ、アメリカで「伝説に残る」と讃えられる【ニュースで学ぶ英語】

投稿日: 更新:
印刷

ハフポストの英文記事から、最新の時事英語や知って得するキーフレーズをピックアップしてご紹介します。
執筆者:丸橋 勇

イチローを慕って大リーグに移った川崎宗則選手は、イチローのように大記録を残すことはないと思いますが、確実に記憶に残る選手になりつつあります。シアトル時代からたびたびビデオが映され、今回のトロント・ブルージェイズのア・リーグ決勝シリーズ進出に伴い、現地の記者が絶賛するインタビューを受けました。ハフポストカナダ版は、川崎選手のスピーチに注目しました。

【例文】


Munenori Kawasaki's Post-Win Interview Is Required Listening

Leave it to Munenori Kawasaki to deliver a heartstopping motivational speech after the Jays advanced to the American League Championship Series (ALCS).

The second baseman is no stranger to a memorable interview. But the one he gave Sportsnet's Hazel Mae and Buck Martinez on Wednesday night is one for the ages.

Kawasaki offered plenty of inspirational words, but we isolated the best ones right here:

"Just swing. Just throw. Just catch. Don't think everybody, just win!"

Now that's a badass.

munenori kawasaki

【今週のポイント】


"Just swing. Just throw. Just catch. Don't think everybody, just win!"

川崎選手の言葉です。直訳は「ただ振れ。ただ投げろ。ただキャッチしろ。考えずにただ勝て!」です。読者の皆さんもご存知のように、「打つ・投げる・捕る」は野球の基本の一連動作。この基本の大切さをジェスチャーを交えながら、川崎選手はカメラの前で力説しました。MLB公式サイト内の動画ニュース「Cut4」は、この部分を「It's a catchy slogan」(人の心を捉えるスローガン)と称え、 「legendary interview」(伝説に残るほど有名なインタビュー)を行ったと記しています。

【その他のキーフレーズ】

Required Listening
直訳は「必ず聞くべきこと」ですが、この場合は、日本語として「必見」が適当だと思います。映像があるので、required viewingの方が適切だと思うかもしれませんが、映像そのものより川崎選手の言葉が重要であるからrequired listeningになっています。もし、インタビューの映像ではなく、ファインプレイだったらもちろんrequired viewingのほうが適切です。

leave it to
「〜に任せる」「〜に委ねる」の意味。

heartstopping
「息を呑むような」の意味。

motivational speech
「やる気を起こさせるスピーチ」「発破をかけるスピーチ」の意味。ただし、「スピーチ」と言っても、必ずしもかしこまった長いものではなく、この記事の場合のようにちょっとした突発的な発言をこのように言うこともある。

no stranger to
「〜になじみがある」「〜をよく知っている」の意味から、この場合は、「〜をよくする」がいいでしょう。

one for the ages
直訳は、「時代のためのもの」から「歴史に残るようなもの」の意味。

badass
「すごいやつ」の意味。Badassは、俗語で悪い意味(「たちの悪いやつ」)もあるうえ、下品な言葉とされているので、一般的に使わないほうがいいでしょう。友達同士だったら問題はないと思いますが。

【今回の例文の仮訳】

川崎宗則選手の試合後のインタビューが必見

ブルージェイズがアメリカンリーグの決勝シリーズに駒を進めたので、息を呑むようなやる気を起こさせるスピーチをさせるのなら、それを得意としている川崎宗則選手に任せましょう。

川崎二塁手は、記憶に残るインタビューをよくする。しかし、水曜日にSportsnetのヘイゼル・メイとバック・マーチネズと行ったインタビューでは、歴史に残るようなものだった。

川崎選手は、士気を鼓舞するような言葉をいくつも残したが、とくに印象的なものを拾ってみた。

「ただ振れ。ただ投げろ。ただキャッチしろ。考えずにただ勝て!」

なんてすごいやつだ。

ALSO ON HUFFPOST:

Close
Blue Jays vs. Rangers Game 5
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


【ニュースで学ぶ英語・バックナンバー】

他のサイトの関連記事

ブルージェイズ・川崎宗則が試合終了後にハシャギすぎて世界中が大爆笑www

「カワサキを愛している」優勝したブルージェイズ・川崎宗則を地元紙が大特集、愛されすぎてると話題に