NEWS

金本知憲氏、次期阪神タイガース監督に就任決定

2015年10月17日 18時58分 JST | 更新 2015年10月17日 18時58分 JST

プロ野球・阪神タイガースは10月17日、OBで野球解説者の金本知憲(かねもと・ともあき)氏(47)の監督就任を発表した。同日夕方、金本氏より「受諾する」との回答があった。朝日新聞デジタルなどが報じた。

毎日新聞によると、金本氏は広島の広陵高校から東北福祉大を経て1992年ドラフト4位で広島カープ入り。2002年オフにフリーエージェント(FA)で阪神に移籍し、主砲として2003、2005年の優勝に貢献した。2012年オフに現役引退。1999年から2010年まで1492試合連続フルイニング出場の世界記録を持ち、「鉄人」「兄貴」の愛称でファンに絶大な人気を得た。

阪神は9月30日に和田豊監督の今季限りでの退任を発表。後任監督の最有力候補として金本氏に絞って交渉を重ねていた。

1980年代のホームランバッター写真集

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています