NEWS

原辰徳監督辞任へ 後任候補にあの人の名も【プロ野球・巨人】

2015年10月17日 22時51分 JST | 更新 2015年10月17日 22時51分 JST

suguru egawa
野球解説者の江川卓氏

プロ野球・巨人の原辰徳監督(57)が10月17日、今季限りで辞任することになった。ヤクルトとのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージでの敗退を受け、表明した。後任候補には、OBの江川卓氏(60)や川相昌弘ヘッドコーチ(51)らが挙がっている。日刊スポーツは次のように伝えた。

OBの江川卓氏(60)は、原監督が築いた土台を引き継ぎ、発展させていく資質を備えている。巨人のエースとして通算135勝。勝利を重ねる重みを肌で知る。巨人戦を中心とした解説活動を継続しており、戦力を客観的に把握している点も大きく、有力な候補とみられる。10日、解説で東京ドームを訪れた際には「すいません。今日は何もないです」と話している。

チーム内には原イズムを熟知している指導者がそろっている。現体制のスムーズな移行に主眼を置く場合、内部昇格も不思議ではない。中でも斎藤雅樹投手コーチ(50)は、原監督とともにキャリアを重ねている。しかし責任感が非常に強く、引責でチームを離れる可能性もある。打撃向上は目下の課題であり、高橋由伸外野手兼任コーチ(40)の抜てきも選択肢に入る可能性がある。

江川氏、斎藤コーチ、高橋由…新監督選びは急がず - 野球 : 日刊スポーツ 2015/10/18 07:48)

masahiro kawai
巨人の川相昌弘コーチ

原監督辞任について、スポニチは「チームは変革への過渡期を迎えつつある。今季は阿部や村田、長野、坂本という主軸が極度の打撃不振に陥った」と指摘。さらに「投手陣の杉内、内海らも含めて故障者も続出した。そんな厳しい状況の中でも立岡や吉川、岡本ら若手を積極起用したが、ヤクルトの牙城は崩せなかった」と分析した。

原監督は17日の試合後、「この3年間なかなか成績が上がらず少しずつ下降線だった。そろそろ潮時。新陳代謝が必要」と話した

巨人の主砲でスター選手だった原は、監督としては通算12シーズン指揮を執り、その間にリーグ優勝7度、日本一に3度に導いた名将。2009年にはワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では監督を務め、日本代表の世界一連覇にも貢献した

選手時代の原辰徳

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

80年代の巨人軍選手