NEWS

イスラエルで「アラブ人とユダヤ人が一緒に食べれば50%オフ」キャンペーン

2015年10月23日 22時21分 JST | 更新 2015年10月23日 22時21分 JST

イスラエル中心部にあるレストランのオーナーが、紛争多発地域の人々を伝統料理「フムス」で結び付けようとしている。

アルジャジーラによると、コビ・タザフリールさんが、クファール・ヴィトゥキンという町にある自身のレストラン『フムス・バー』で、ユダヤ人とアラブ人のお客さんが同じテーブルについたら半額というキャンペーンを開始した。

このキャンペーンの内容は10月12日にレストランのFacebookページに掲載され、今週に入って国際的にメディアの注目を集めるようになった。ヘブライ語で書かれた投稿は以下の通りだ。

アラブ人が怖いですか?

ユダヤ人が怖いですか?

私たちにとっては、アラブ人もユダヤ人もいません。あるのは、同じ「人間」です。そして、素晴らしいアラブ料理のフムスと、美味しいユダヤ料理のファラフェル。

あなたがアラブ人、ユダヤ人、キリスト教徒、インド人その他どんな人種でも、すべてのフムス料理のおかわりが無料です。

さらに特別ディスカウントで、ユダヤ人とアラブ人が一緒に座っているテーブルではフムス料理が半額になります!(木曜日から日曜日まで有効)

מפחדים מערבים? מפחדים מיהודים? אצלנו אין ערבים! אבל אין גם יהודים... אצלנו יש בני אדם! וחומוס ערבי אמיתי ומעולה!...

Posted by ‎חומוס בר - Humus Bar‎ on Monday, October 12, 2015


「このキャンペーンに対するお客さんからの反応は好意的です」。タザフリールさんはアルジャジーラに語った。今までに少なくとも3組がこの割引を利用したという。しかし、タザフリールさんの計画を支援したいと、全額の支払いを望んだ「混合」グループの方が多かったという。

タザフリールさんは「イスラエルの人々を結びつけられるものがあるとしたら、それはフムスでしょう」と、タイムズ・オブ・イスラエルに対して述べた。彼はこの地域の人々が異人種に対してますます不寛容になってきているのを感じ、このアイデアを思いついたという。

9月だけで、少なくとも44人のパレスチナ人、8人のイスラエル人、そして1人のエリトリア人男性が、イエルサレムとヨルダン川西岸地区で起きた暴動で亡くなっている。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。


【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

イスラエル 画像集