ライフスタイル

ケイト・ウィンスレットは広告でもシワを修正しない。若い女性に伝えたいことがあるから(画像)

2015年10月25日 00時10分 JST | 更新 2015年10月25日 00時24分 JST

女優ケイト・ウィンスレットは、年を重ねるプロセスを前向きに受け入れている。

10月に行われた「ELLE」のイベントで、化粧品ブランド・ランコムの顔であるウィンスレットは、新しい広告が全くレタッチ(修正)されていないことを明かした。レタッチすることに反対してきた40歳のウィンスレットは、Photoshop加工や編集などで顔を修正しないことを、親会社のロレアルとの契約に盛り込んだという。


「私がいえるのは、私自身に関することだけ。できるのは自分にとって重要なことだけです。他の人たちが私に続く期待はあるけれど、何よりも自分にとって重要だと感じるんです。私たちは若い世代の女性に対して責任があると思うからです」と、アカデミー賞女優はエンタメサイト「E!」に語った。

ウィンスレットは、ミアという15歳の娘を持つ母でもある。若い世代の女性について「彼女たちは、雑誌を手本にするでしょう。キャリアで成功した女性たちを手本にするでしょう。そして私は、その世代に対して、ありのままの私について、いつも本当のことを伝えたい。なぜなら彼女たちには強いリーダーが必要だから。私たちには、強い若い女性を育てる義務があります。だからこれらは私たちにとって重要なことなのです」


ケイトは2015年初め、NBCの番組「Running Wild With Bear Grylls」で、「私は鏡の前に立ってミアにいったの。『今の体型になって、私たちはとてもラッキーよ。今の体の曲線になって、とてもラッキーなの。キレイなお尻で、とてもラッキーなのよ』と伝えたわ。そうするとミアは『ママ、わかってるわ。神様に感謝ね』って。私がこれまでやってきたことはうまく行ってる。良い結果が出ていると思うわ」と語った。

Kate Winslet Style Evolution

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

ケイト・ウィンスレットとスカーレット・ヨハンソンが「すっぴん」を公開した理由(画像)

kate winslet scarlett johansson

「世界で最も美しい顔100人」画像集

ハフポスト日本版ライフスタイルはTwitterでも情報発信しています