大雨がチリのアタカマ砂漠を幻想的な花畑に変えた

投稿日: 更新:
印刷
atacama desert 2014
アタカマ砂漠

世界で最も乾いた場所とされるチリのアタカマ砂漠に、奇跡が起こった。何者も生き延びることができない過酷な砂漠と言われていたこの荒れ地に、ピンクの花畑が現れたのだ。10月28日、ABCなどが報じた。

  • 2015年のアタカマ砂漠
    Guillermo Andre/Flickr
  • Pato Novoa/Flickr
  • Pato Novoa/Flickr
  • EPA=時事 撮影日:2015年10月21日
  • EPA=時事 撮影日:2015年10月21日
     
  • EPA=時事 撮影日:2015年10月21日

チリでは3月に歴史的な豪雨による大洪水が発生。約30人の死者を出した。この大雨が、砂漠に異変をもたらしたとみられる。

アタカマ砂漠では、5〜7年に一度、砂漠が花畑に変わる現象が起こるとされるが、FOXニュースは、今回は過去18年で最も壮観な開花と伝えている。

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

Also on HuffPost:

Close
写真集『砂漠のわが家』
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡