NEWS
2015年11月01日 20時31分 JST

墜落のロシア旅客機は「空中分解」 モスクワの事故調査機関

Reuters

[カイロ/モスクワ 1日 ロイター] - エジプト・シナイ半島で10月31日に墜落したロシア旅客機について、現場を視察したモスクワに拠点を置く航空事故調査当局者は1日、空中で分解したとの見方を示した。

墜落したのはコガリムアビア運航のエアバスA321型旅客機。乗員乗客224人全員が死亡した。

航空事故調査機関・国家間航空委員会のソロチェンコ氏は「分解は空中で起きた。破片が約20平方キロの広い範囲に飛び散っている」と指摘。ただ「結論を話すのは時期尚早だ」と付け加えた。