NEWS

ASEAN拡大国防相会議、共同宣言見送り 南シナ海への言及めぐり米中対立

2015年11月04日 17時32分 JST | 更新 2015年11月04日 17時48分 JST
Mohd Samsul Mohd Said via Getty Images
KUALA LUMPUR, MALAYSIA - NOVEMBER 04: From left to right, Australia's Defense Minister Marise Payne, Brunei's Defense Minister Mohammad Yasmin Umar, Cambodia's Defense Minister Gen. Tea Banh, China's Defense Minister Chang Wanquan, India's Defense Minister Manohar Parrikar, Indonesia's Defense Minister Ryamizard Ryacudu, Japan's Defense Minister Gen Nakatani, Myanmar's Defense Minister Sein Win, Laos' Defense Minister Sengnouane Sayalat, Malaysia's Prime Minister Najib Razak, Malaysia's Defense Minister Hishamuddin Hussein, New Zealand's Defense Minister Gerry Brownlee, Philippines' Secretary of Defense Voltaire Gazmin, South Korea's Defense Minister Han Min Koo, Russia's Deputy Defense Minister Anatoly Antonov, Singapore's Defense Minister Ng Eng Hen, Thailand's Defense Minister Gen. Prawit Wongsuwon, U.S. Defense Secretary Ash Carter and Vietnam's Deputy Defense Minister Nguyen Van Hein joint hands as they pose for photographers after during the ASEAN defence ministers meeting plus 2015 on November 4, 2015 in Kuala Lumpur, Malaysia. Asean face pressure to back China on the South China Sea issue, while the US and Japan are pushing to get concerns about the dispute included in a statement to be issued after regional defence talks. (Photo by Mohd Samsul Mohd Said/Getty Images)

マレーシアで4日、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国と日米中豪などによるASEAN拡大国防相会議が開催された。共同宣言が取りまとめられる予定だったが、南シナ海への言及をめぐり米中が対立し、宣言の採択は見送られることとなった。

議長国であるマレーシアの当局者は共同宣言見送りの理由は明らかにしていない。修正されたスケジュールでは共同宣言の署名が削除された。

米国防当局の高官は、中国が東南アジア諸国に対し、共同宣言で南シナ海をめぐる懸念に関する記述を盛り込まないよう働きかけたとし、「当然ながら、多くのASEAN加盟国は不適切だと感じた」と述べた。また、「南シナ海での中国の埋め立て作業と軍事化という重要な問題に言及しない共同宣言を発表するよりは、宣言を見送る方がまだ良い」との見解を示した。

一方、中国国防省は公式ミニブログで、共同宣言見送りの責任は東南アジア以外の「一部の国」にあるとし、米国と日本を暗に批判。これらの国が「共同宣言に無関係の内容を盛り込もうとした」と述べた。[クアラルンプール 4日 ロイター]

【関連記事】

関連記事

南沙諸島の画像集