Huffpost Japan

鳩山由紀夫氏「安倍首相は自らを愛国者とはき違えている」 韓国で講演

投稿日: 更新:
印刷

鳩山由紀夫元首相は11月5日、訪問先の韓国・ソウル大で講演し、慰安婦問題について「日本政府は慰安婦の皆さんの意に沿うような形で答えを導き出さなければならない」と述べた。安倍晋三首相に前向きな対応を求めた格好だ。朝日新聞デジタルなどが報じた。

中央日報によると、鳩山氏はこの日、「(日本による植民地支配からの解放を祝う)光復70年、日韓国交正常化50年に日韓関係を再度見直す」というテーマで約70分間にわたって講演。「敗戦国は、戦争の被害に対し事実上『無限責任』を負う」とした内田樹氏の言葉を引用し、「安倍政権は慰安婦問題などについて、この言葉を心に留め、応じることができる方法を講じなければならない」と力説した。

さらに、「日本は特にアジアの人々に、深刻な被害と苦痛を与えた。70年が過ぎた今でも、真の和解がなされたとは考えることができない」とし、「日本が歴史を振り返り、侵略と植民地支配に苦しんだ人や国に対して真の謝罪と償いをすることができれば、東アジア共同体に向けて、一歩大きく踏み出すことができるだろう」と主張した

安倍首相が8月に発表した戦後70年談話にも触れ、「安倍首相は“反省”と“謝罪”について繰り返し言及しながらも、自ら反省と謝罪の気持ちを伝えていない」と批判持論を展開。「首相は自らを愛国者とはき違えているのだろうが、自信のなさの裏返しだ」「真の愛国心とは、過去の歴史的な事実に目をつむらず、過ちには謝る勇気を持つことではないか。このような内容になってしまったことを申し訳なく思う」と謝罪した。

鳩山氏は8月12日、ソウル市内にある西大門刑務所跡地を訪れ、日本軍が戦時中に収容者に行った行為について、ひざまずいて謝罪。「多くの皆様方をここに収容して、拷問という大変ひどい刑をあたえ多くの命まで奪ってしまったという事実を、この場で思い出して心から申し訳ない、おわびの気持ちをまず捧げてまいりたいと思います」などと語っていた。

Close
鳩山由紀夫元首相・韓国訪問
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
Close
鳩山兄弟 画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

鳩山由紀夫 - Wikipedia

鳩山由紀夫

鳩山由紀夫 (@hatoyamayukio) | Twitter

鳩山由紀夫氏、韓国でひざまずいて謝罪「心から申し訳ない」【動画】

ひざまずいて謝罪 韓国で鳩山元首相 - 産経ニュース

鳩山元首相「慰安婦の意に沿う答えを」 ソウル大で講演