NEWS

「生まれ変わったら道になりたい」 側溝からスカートのぞいた容疑、2度目の逮捕

2015年11月09日 23時33分 JST | 更新 2017年06月14日 00時27分 JST
OFTO/Flickr
Fujica Half | Fujicolor C200

道路脇の側溝に約5時間にわたって潜りこみ、女性のスカート内をのぞこうとしたとして、兵庫県警東灘署は11月9日、県迷惑防止条例違反の疑いで、市内に住む28歳の会社員の男を逮捕した。「見てました」と容疑を認めているという。時事ドットコムなどが報じた。

日刊スポーツによると、男は8月16日午前7時50分ごろ、神戸士東灘区の道路下の側溝内から、通りかかった美容師の女性(37)のスカート内をのぞき見ようとした疑いが持たれている。午前3時ごろから5時間にわたって深さ約60センチの側溝に潜り、格子状の鉄ぶた越しに上を見ていたという。男の髪の毛が鉄ぶたからはみ出していることに女性が気付き、下を見たところ、目が合ったため110番通報した。駆け付けた捜査員が、同容疑者を側溝から引っ張り出した。スマートフォンで盗撮する目的だったとみられている。

男は2013年6月にも東灘区の甲南女子大近くの道路の側溝の中に忍び込んで、女性のスカートの中をのぞき見したとして同じ容疑で逮捕されている。産経WESTによると、このときも3時間近くも身を潜めており、警察に対して「生まれ変わったら道になりたい」などと供述していた。

「世界の危険な道路」


【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています