Huffpost Japan

山口組元幹部から借金2000万円 日本大学名誉教授「反社会的勢力だから全てが悪いというのはおかしい」

投稿日: 更新:
JAPAN YAKUZA FUNERAL
イメージ画像=1988年12月、暗殺された山口組四代目の竹中正久組長の葬儀に訪れた山口組の幹部ら (AP Photo) | ASSOCIATED PRESS
印刷

日本大学の77歳の名誉教授が、指定暴力団山口組の元幹部から2000万円を借り、まだ返済していないことがわかった。名誉教授は法学部に所属。現在は非常勤講師として、大学院法学研究科の英米法の授業を週に3コマ担当していたが、日本大学は「極めて遺憾。詳細を確認し、厳正に対応する」として、11月9日までに名誉教授の大学院での授業を休講にする措置をとった。朝日新聞デジタルなどが報じた。

NHKニュースによると、名誉教授に2000万円を貸していたのは山口組系暴力団の初代組長で、現在82歳。現役当時は資金力が強く、企業経営者などを集めて不動産取引や投資話の会合を頻繁に開く「経済ヤクザ」として知られた存在だったという。山口組の組織内では、2005年以降で6代目の篠田建市(通称・司忍)組長の体制下で「組長」「若頭」に次ぐナンバー3の「顧問」を務めていたが、2012年ごろに高齢を理由に引退した。

元幹部が現役時代の10年ほど前に、名誉教授が2000万円を借りたのとみられている。海外での投資に充てる資金として、2000万円を借りたと元暴力団組長が、さいたま地裁越谷支部に起こした民事裁判の中で証言していたという。

名誉教授はNHKニュースの取材に対し、相手が山口組幹部だと知っていたことを認め、「日頃からつきあいがあり、軽い気持ちで借りた。これまで返済を求められていないので借りたままだが、そのうち返すつもりだ。反社会的勢力だからすべてが悪いというのはおかしいと思う」と説明したという。

Close
山口組を巡る暴力団事件
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

山口組に関するトピックス:朝日新聞デジタル

【山口組分裂】 全盛期の8分の1 暴力団の活動低迷も警戒は強化 滋賀県警

【銃声なき抗争】(3)山口組4代目継承で生じた亀裂 約30年後の分裂の起源に

【衝撃事件の核心】山口組分裂でくすぶる仁義なき〝極道再編〟 「関東二強暴力団」住吉会、稲川会にも余波、一枚岩でないウラ事情