NEWS
2015年11月11日 16時38分 JST

キング・カズ48歳、来季も現役続行 「今後も努力を続けたい」

Etsuo Hara via Getty Images
YOKOHAMA, JAPAN - OCTOBER 18: (EDITORIAL USE ONLY) Kazuyoshi Miura of Yokohama FC looks on prior to the J.League second division match between Yokohama FC and Kyoto Sanga at Nippatsu Mitsuzawa Stadium on October 18, 2015 in Yokohama, Kanagawa, Japan. (Photo by Etsuo Hara/Getty Images)

サッカーの元日本代表で現役最年長Jリーガーの三浦知良選手(48)が、所属するJ2の横浜FCと契約を更新し、来季も現役を続けることになった。横浜FCが、三浦選手の背番号「11」にちなんで11月11日11時11分に契約更新の情報をクラブ公式サイトに掲載した

時事ドットコムは次のように報じた。

三浦は来年2月で49歳。今季はここまで16試合に出場して3ゴール。Jリーグ最年長出場記録を更新するとともに、6月28日の水戸戦では自身が持つ最年長得点記録を48歳4カ月2日に塗り替えた。

三浦はクラブを通じ「いつも支えてくれているクラブとサポーターの皆さまに感謝したい。今後も全力を尽くし、努力を続けたい」との談話を出した。

時事ドットコム:三浦カズ、現役続行=来季49歳「全力尽くす」-J2横浜C 2015/11/11 12:32)

三浦選手は来季でプロ生活31年目、横浜FCでは12シーズン目となる。10月18日の京都戦で右脚を負傷し、現在は戦線を離脱している。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

三浦知良(キング・カズ)画像集