NEWS

世界で最もチャリティーに熱心な国ランキング 日本は...

2015年11月14日 16時55分 JST | 更新 2015年11月14日 16時55分 JST

heart

最新の世界寄付指数(World Giving Index)によると、アメリカは世界で他人に最も多くを与える国の座を失った。

145カ国を対象とするギャラップ社の世論調査で集計したデータを使い、チャリティ援助財団(Charities Aid Foundation)は11月10日、6回目となる年次報告書を発表した。米国はボランティア参加率が上昇したものの寄付した人の割合は昨年の過去最高記録を下回った。

昨年、アメリカは他人に最も多く与える国のランキングでミャンマーと同率1位となった

それが今年は2位に転落したのだ。

この報告書では、各国で地方を含む複数のコミュニティを対象として1,000の調査をもとに最近1か月の間に寄付をした人、ボランティアに時間を費やした人、見知らぬ人を助けた人の割合を調べている。

世界的にみると、他人に寄付をした人の割合はあらゆる経済規模の国で増加した。インタビュー調査が行われるまでの1カ月の間に寄付をした人の割合は約3分の1で、2013年から3.2%ポイント上昇した。しかしアメリカは昨年発表の最高記録68%から今年は63%に低下した。

これは、寄付をした人が1,100万人減少したことを意味する。

CAFアメリカのテッド・ハートCEOは「先進国の中でアメリカが最も他人に多くを与える国であるのは喜ばしいことです。このレポートは、私たちが自己満足に浸っている余地などないことを示しています。アメリカが世界をリードしていくとしても、お金と時間を大切なことに使っていただけるよう、私たちは努力していかなくてはなりません」とコメントした。

なお日本は今年のランキングで2014年の90位から順位を落とし、102位となった。

  • 10位 マレーシア
    MOHD RASFAN via Getty Images
    マレーシアは最も進歩のみられた国の1つだった。62%の人が見知らぬ人を助け、58%の人が寄付をした。
  • 9位 アイルランド
    ASSOCIATED PRESS
    アイルランドでは67%の人が寄付をして、59%の人が見知らぬ人を助けた。
  • 8位 スリランカ
    ASSOCIATED PRESS
    スリランカでは59%の人が寄付をした。
  • 7位 オランダ
    Biris Paul Silviu via Getty Images
    オランダは昨年トップ10から外れたが、今年は7位に返り咲いた。
  • 6位 イギリス
    oversnap via Getty Images
    イギリスでは75%の人が寄付をしたという。
  • 5位 オーストラリア
    Photo by Bobby-Jo Clow via Getty Images
    オーストラリアは72%の人が寄付をし、5位になった。
  • 4位 カナダ
    iannelson via Getty Images
    カナダは4位に入った。69%の人が見知らぬ人を助け、67%の人が寄付をして、44%の人がボランティアに参加したという。
  • 3位 ニュージーランド
    ASSOCIATED PRESS
    ニュージーランドは寄付をする人の割合が顕著に増え、このカテゴリーで昨年の13位から6位にアップした。全体では3位となった。
  • 2位 アメリカ
    ASSOCIATED PRESS
    アメリカは、寄付をした人の割合で過去最高の68%から63%に低下したものの、ボランティア参加率は上昇した。昨年は2013年より4%アップの47%の人が参加した。
  • 1位 ミャンマー
    ASSOCIATED PRESS
    サンガ・ダーナを実践し、上座部仏教を信仰している人の割合が高いこともあり、ミャンマーは昨年最も気前のよい国となった。ボランティア参加率は最も高く、92%の人が寄付をし、こちらも世界一であった。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。


【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています