NEWS

「UFO」雲が南アフリカに現れる これはエイリアンの侵略か

2015年11月14日 22時55分 JST | 更新 2015年11月14日 22時55分 JST


それは、夏の大作映画のオープニングシーンのようだった。「UFO」の艦隊のように見える何かが11月8日、南アフリカのケープタウンの上空を覆ったのだ。しかし、アイリアンの侵略者などはいなかった。UFOのように見えるそれは、美しい形をしたレンズ雲だったのだ。

その奇妙で目を引く形の雲は、目撃した人を驚かせた。


レンズ雲は、レンズのような形の雲を作るためにこのような名前になっている。写真ブログ「アース・スカイ」によると、山の上を風が流れることで作られることが多いそうだ。

この現象が起きる時は、まずいくつかの大きな規模の定常雲が山の風下側で作られます。もし山の頂上の気温が露点温度まで下がっていると、大気の中の水分が凝縮されてレンズ雲が作られます。空気中の水分が雲に入り込むと、雲は蒸発して蒸気になってしまいます。そのため、レンズ雲は現れるのも消えるのも比較的早いので

アース・スカイによると、山がない場所でも風などの条件が整えば、レンズ雲ができることがあるという。

ナショナル・ジオグラフィックは、これらの雲は高さや形から推測すると、層積定常レンズ雲と呼ばれる種類ではないかと見ている。

不思議なレンズ雲は今回以外にも目撃されており、ユーザーがSNSに投稿している。




この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。


雲海に浮かぶ竹田城

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています