NEWS

うわあああ。500メートル落下したスキーヤー、奇跡的に生還する(動画)

2015年11月15日 17時31分 JST

なんと500メートル近くも転げ落ちたカナダ人スキーヤーが、幸いにも生還した。

イーアン・マッキントッシュさんはアメリカ・アラスカ州のネアコラ山脈でスキー、スノーボードを題材にした映画の撮影をしていた。制作したワイオミング州の企業は、「(彼は)馴染みのコースだと思っていたところを滑り始め、最初のターンをしたときに1.5メートルほどの深い溝の中に入り込んでしまったようだ」とコメントした。

彼はブリティッシュ・コロンビア州ウィスラー出身のプロスキーヤーで、1分のうちに1600フィート(約488メートル)も崖を転げ落ちた。その間にスキー板は失われたものの重傷を負うこともなく生還した。

「首が少し凝っています。そうですね、少しだけ痛いです。でもそれ以外は問題ありません」と、映画の舞台裏を紹介するビデオの中で彼は述べた。

今回は無傷ですんだが、おそらくもう同じ経験はしたくないだろう。「母なる自然の洗濯機の中にいたようなもので、最悪でした」と、彼はカルガリー・サン紙に語った。

「この1分間は、NFLのラインバッカーに、0.5秒ごとに張り倒されているような衝撃を感じた」という。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。


雪のなかで遊ぶ猫たち

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています