Huffpost Japan

アムロ・レイは鳥取県出身? 制作会社のサンライズ「触れないで」【機動戦士ガンダム】

投稿日: 更新:
GUNDAM
アムロ・レイ。1981年の劇場版「機動戦士ガンダム」のポスターより。 | 日本サンライズ
印刷

国民的な人気アニメ「機動戦士ガンダム」の主人公アムロ・レイが、実は鳥取県出身であるという新聞記事が、ネット上で話題になっている。

この記事は、鳥取県を中心に発行されている日本海新聞で11月14日に掲載された「いなば余談」というコラム。「機動戦士ガンダム」のキャラクターデザインと作画監督を担当した安彦良和(やすひこ・よしかず)さんが、自身が手がけた漫画「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」の最終話の舞台が、鳥取砂丘と鳥取温泉であることに触れた上で、以下のように書いた。

安彦氏は、鳥取県を舞台に選んだ理由を、鳥取市で原画展を開くなど縁が重なったことと、主人公アムロ・レイが鳥取出身だからとインタビューに答えている。

これまでも、TVアニメ版の「機動戦士ガンダム」では、アムロ・レイの故郷は山陰地方であるという情報が散発的に流れていた。Osamu TSUNODAさんのブログによると、2010年10月、同作品の富野由悠季監督は鳥取市内のトークショーで、「『機動戦士ガンダム』の主人公の出身地は山陰地方か?」というファンの質問に次のように答えたという。

「ミライさんとセイラさんが水着姿で日光浴をしてるのは山陰の海岸を想定して演出しましたし、アムロがお母さんと別れるシーンの背景はほとんど鳥取砂丘のつもりでやっていました」

なお、「機動戦士ガンダム」を制作したアニメ会社「サンライズ」の担当者は、ハフポスト日本版の電話取材に対して「そのことには触れないで欲しい」と、コメントしている。

■機動戦士ガンダムとは?

「機動戦士ガンダム」とは、1979年から80年にかけて放送されたテレビアニメ。全43話。 「ガンダム」シリーズ第1作で他作品と区別して「ファーストガンダム」とも呼ばれる。地球連邦とジオン軍の戦いを、緻密な世界観で描き、その後のロボットアニメに多大な影響を与えた。1981年から82年にかけて、再編集され劇場版3部作となっている。

Close
コスプレ美女120選
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

GUNDAM.INFO | 公式ガンダム情報ポータルサイト

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 公式サイト

「往年のガノタに届くか 」 アニメ『機動戦士ガンダム サンダーボルト』のビジュアル公開にファン高まる!!

「機動戦士ガンダム サンダーボルト」のキービジュアルが公開! イオとダリル、そして二人が搭乗するMSの姿も明らかに

『機動戦士ガンダム』の世界観を伝統工芸で華麗に表現、“機動戦士ガンダム 九谷焼”が予約受付開始