Huffpost Japan

フランス人の死は、レバノン人よりも重要なのか? 同時多発テロが招いた議論

投稿日: 更新:
FACEBOOK
allflags.world
印刷

フランスで起きた同時多発テロの犠牲者は、中東で起きるテロの犠牲者よりも、命の価値が重いのか――。

パリのテロを巡るFacebookの対応が、論争に発展している。

11月13日にパリで起きた同時多発テロは129人が死亡する惨事となり、世界中で大ニュースとして報道された。Facebookは、ユーザーの安否を通知できるサービスを適用したり、顔写真のアイコンを赤、白、青のフランス国旗色(トリコロール)に変更できる仕様に変更したりした。

一方、中東やアフリカで、テロは日常的に起きている。パリの事件の前日にレバノンの首都ベイルートで起きた2件の連続自爆テロでは43人が死亡し、過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出した。ナイジェリアでは10月23日にイスラム教のモスク(礼拝所)が連続して狙われ少なくとも55人が死亡している

レバノン・ベイルートのフランス語社会で暮らし「フランスは第2の故郷」というJoey Ayoub氏は、ブログで以下のように書いた。Facebookで1万回以上シェアされている。

「ベイルートで私の知人が死んだことより、世界にとってはパリの他人が死んだことの方が重要なようだ。(ベイルートのテロでは)Facebookに安否確認ボタンもなかったし、世界の有力な政治家や多数のネットユーザーが『無事だ』と伝えるのを見ることもなかった。無数の罪のない難民たちを救うための政治に、私たちは変えられていない」

Beirut, Paris | Hummus For Thoughtより 2015/11/14)

Facebookの創業者、マーク・ザッカーバーグ氏は、ソーシャルメディア上などでの相次ぐ批判を受け、自身のアイコンをトリコロールに変えた投稿に、以下のようにコメントした。

「昨日まで、私たちは安否確認サービスを自然災害のみ活用する方針でした。その後、この方針を転換し、これから起こる人的災害にも活用する方針です」

(1) Mark Zuckerberg - プロフィール写真より 2015/11/15)

フランス以外の国旗をプロフィール写真に焼き込めるサービスは、ウェブ上に続々と登場している。シリアやイラク、ナイジェリアなど、ISから攻撃された28カ国すべての国旗をプロフィール写真にあしらえる「All Flags Profile Photo Converter」というサイトも登場した。

アルジャジーラは、パキスタン人女性作家、Bina Shahのコメントを紹介。「西洋人の命が非西洋人の命より重いというルサンチマンが、この議論の底流にあると思うが、それで片付けてしまうのはあまりに性急だと思う」と述べた上で、以下のように指摘した。

「この惨事のあと、Facebookは自ら、世界の注目する出来事に自ら関わろうとした。それはプロフィール写真の変更や安否確認を求めることで、間違った団結心や同情の念を広めようとするものだ」

Facebook gets flak for Beirut-Paris 'double standard' - Al Jazeera Englishより 2015/11/15 10:21)

アルジャジーラとしてもFacebookに質問状を送ったが、15日時点で返答はないという。

プロフィール写真をフランス国旗の色に染めることの是非は、日本でも議論されている。

評論家の古谷経衡氏は「遺族にとって永遠に続く悲しみと傷跡への祈りを、いちいちFB上で第三者が『写真のドレスアップ』という形式で表明する意味がわからない」と批判した。これに対しロンドン在住の医師、小野昌弘氏は「日仏両国の世界における立ち位置の共有からみて、日本社会に住むものの多くが、パリのテロの犠牲者をより注目して共感するのは自然なこと」として、善意からの行動に否定的な社会を「あまりにも生きづらい社会」と逆に批判している。

Close
パリ同時多発テロ 世界で悼む人々
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

パリ同時テロ、128人が死亡 ISが犯行声明:朝日新聞デジタル

パリ同時テロは、ISISの軍事的弱体化のしるし

「地獄からの出口」が見えない

【パリ同時多発テロ】イスラム国が新たにビデオ声明「ワシントンなどテロ攻撃」警告 主犯はシリアのアバウド容疑者