「表現の自由」国連の調査、突然延期へ 日本政府が要請

投稿日: 更新:
DAVID KAYE UN
国連人権理事会の公式サイトより | UN
印刷

国連人権理事会で「表現の自由」を担当しているデビッド・ケイ特別報告者(アメリカ・カリフォルニア大教授)が11月17日、12月1日から8日まで予定していた訪日調査を、日本政府の突然の要請で延期したと明らかにした毎日新聞などが報じた。

ケイ氏は、特定秘密保護法の施行や、自民党が2014年の衆院選を前に在京テレビ局関係者を呼びつけた問題など、日本の表現の自由をめぐる状況について、政府関係者らに面談して調査することになっていた。

ケイ氏は、日本訪問がキャンセルになった経緯をブログで報告。10月に日本への公式訪問が決まっていたが、スイス・ジュネーブの日本政府代表部が13日、政府関係者へのミーティングが設定できないため、訪問は実施できないと通達したようだ。日本政府は、2016年の秋に訪問を延期することを示唆したという。ケイ氏は、訪問日程が再び調整されることを希望している。

調査に協力を予定していた市民団体関係者は「特定秘密保護法や、政府によるメディア介入などが取り上げられるのを避けたのではないか」と批判している。47NEWSによれば、外務省は「予算編成などのため万全の受け入れ態勢が取れず、日程を再調整する」と説明したという。

【関連記事】
Close
安保関連法案・国会の内と外
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

表現の自由に関するトピックス:朝日新聞デジタル

国連の表現の自由調査、突然延期

書店フェア中断に抗議文「表現の自由を損なう」