NEWS
2015年11月25日 22時51分 JST

「トルコとの戦争は考えていない」ロシア外相

MAXIM SHIPENKOV via Getty Images
Russian Foreign Minister Sergei Lavrov speaks to the media at the Bocharov Ruchei state residence in Sochi on November 24, 2015. Russian Foreign Minister Sergei Lavrov on November 24 recommended against Russians travelling to Turkey for any reason, citing the threat of attacks. AFP PHOTO / POOL / MAXIM SHIPENKOV / AFP / POOL / MAXIM SHIPENKOV (Photo credit should read MAXIM SHIPENKOV/AFP/Getty Images)

[モスクワ 25日 ロイター] - ロシアのラブロフ外相は25日、ロシア軍機が前日トルコ軍に撃墜されたことに関連し、ロシアはトルコと対立を深める意向はないとの考えを示した。

ラブロフ外相は記者会見で「ロシアはトルコに対し戦争を仕掛けようとは考えていない」とし、「ロシアはトルコの現在の政権に対しこれまでも疑問を呈してきた。トルコ国民に対するロシアの姿勢には変わりはない」と述べた。

ただ、ロシア政府は今回の撃墜事件は偶発的なものではないと見なしており、今後トルコとの関係を見直すと述べた。

同外相は今回の事件を受け25日に予定していたイスタンブール訪問を急遽中止。ロシア政府は当面トルコに代表を送る予定はなく、トルコからの訪問を受ける計画もないと述べた。

トルコのエルドアン大統領は12月15日にモスクワを訪問する予定になっているが、予定通り訪問するかは現時点では明らかになっていない。

関連記事

ロシア軍機撃墜の瞬間