Huffpost Japan

最強の抗生物質でも殺せない細菌、中国で発見される 世界に広まるのか

投稿日: 更新:
ELECTRON MICROGRAPH OF BURKHOLDERIA CEPACIA
Scanning Electron Micrograph of Burkholderia cepacia. (Photo by: Media for Medical/UIG via Getty Images) | Media for Medical via Getty Images
印刷

コリスチンは、毒性の強い大腸菌と肺炎菌を殺すための「最後の砦」と言われる強力な抗生物質だ。ところが、このコリスチンに対して耐性を持つ細菌が発見された。

イギリスの医学雑誌「The Lancet Infectious Diseases(ランセット・感染症)」に11月19日に掲載されたレポートによれば、これは突然変異した細菌で「MCR-1」という遺伝子を持つ。初めに中国の養豚場で発見され、その後、生肉(豚)と人間からも発見された。

コリスチンは50年にわたって使われている抗生物質で、主に動物に使用される。人間に処方されるのは、他の抗生物質が効かないと証明された時だけだ。

研究は3年にわたって行われた。その結果、804匹の動物のうちの5分の1、523の生肉サンプルの15%、1,332人の患者の1%からMCR-1が見つかった。

研究者たちは「農業に利用されたコリスチンと、食肉処理された動物から見つかったコリスチン耐性菌、食品から見つかったコリスチン耐性菌、人体から見つかったコリスチン耐性菌の関係性が解明された」と述べている。

研究の結果を受け、科学者たちは「抗生物質の使い方を見直すよう各国に要請している。著者のうち2名は「広がるのを断ち切る方法の1つは、農業で使うコリスチンを制限または中止することです。そうしなければ、大規模な範囲で問題が発生するだろう」と書いている。

コリスチンは腎臓に害を与えることがある。そのため1970年代に、人間には使われなくなった。しかし今でも、家畜の病気の治療や予防のために世界中で広く利用されている。中国は今や世界一の鶏肉と豚肉の生産国であり、家畜に大量のコリスチンを投与している。また、研究グループによれば、コリスチンは2010年にヨーロッパで5番目に売れていた抗生物質だ。

「MRC-1 が世界中に広まるのは時間の問題です。そうなった場合、抗生物質に耐性を持つ他の遺伝子と組み合わされる事態は避けられないでしょう。そうなれば、抗生物質で感染症を食い止めていた時代は終わりを告げることになります」と、研究者の1人でカーディフ大学の教授ティモシー・ウォルシュは11月19日にBBCに語った。

今回の研究には、中国、オーストラリア、イギリスの科学者たちが参加した。資金を援助したのは、中国科学技術省と中国国家自然科学基金委員会だ。

現在MCR-1は中国国内でしか発見されていないが、コリスチンの使い過ぎを止めなけれはどんどん広まるだろうと科学者たちは警告している。

「我々をこの問題を訴え続け、政府が動きを起こすよう働きかけなければいけません。さもなくば、増え続ける患者に対して『申し訳ありませんが、あなたの感染症を治療する薬はありません』と言わなければならなくなるでしょう」

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

Close
気持ち悪い原料からつくられた食品添加物
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png