NEWS
2015年12月06日 20時21分 JST

カリフォルニア銃乱射の実行犯2人はISの「支持者」 ラジオ放送で表明

Reuters

[サンバーナディーノ(米カリフォルニア州) 5日 ロイター] - 過激派組織「イスラム国」は5日、カリフォルニア州で2日起きた銃乱射事件の実行犯2人について、イスラム国の「支持者」だと主張した。

イスラム国は、運営するラジオ局アルバヤンで「イスラム国の支持者2人が数日前に、カリフォルニア州サンバーナディーノのセンターを攻撃した」と表明した。ただアラビア語のオリジナルが「支持者」となっているのに対し、その後公表した英語版ではイスラム国の「兵士」と表現されている。食い違っている理由については今のところ不明だ。

事件では、パキスタン系米国人サイード・ファルーク容疑者(28)とパキスタン出身の妻タシュフィーン・マリク容疑者(29)が、カリフォルニア州サンバーナディーノの福祉施設で開かれていたパーティー会場で銃を乱射。14人が犠牲になった。容疑者は射殺された。