Huffpost Japan

【あさが来た】最高視聴率27.2% 「花子とアン」「あまちゃん」超える

投稿日: 更新:
印刷

女優の波瑠がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「あさが来た」の第10週の週間平均視聴率は、25.2%(ビデオリサーチ調べをもとに算出、関東地区)だったことが12月7日、分かった。10週連続の大台の20%を突破する好調ぶりで、自己最高を記録した。スポニチなどが報じた。

朝ドラでは、2014年の「花子とアン」の最高視聴率25.9%と、2013年放送の「あまちゃん」の最高視聴率27.0%を超える記録となり、2013~14年放送の「ごちそうさん」の最高視聴率27.3%(同)も視野に入ってきた。

朝ドラで初めて幕末から始まった本作。ヒロイン「今井あさ」のモデルとなった広岡浅子さんは、日本に女性の実業家はほとんど存在しなかった時代に、自ら炭坑事業や銀行事業、生命保険事業などの経営に関わり、嫁ぎ先の加賀屋の再興のために奔走。大阪財界で“女丈夫(じょじょうふ)”として知られた人物だ。今後は、あさが商売の才覚を発揮して実業家となり、日本初の女子大学設立に奔走する姿が描かれる。

最高視聴率を記録した第59話は、農家に身を寄せる姉・はつ(宮崎あおい)と、あさの2人が手を取り合い、互いに精いっぱい、それぞれの家を守っていこうと、誓い合った。はつが大阪を去った後、九州の炭坑で元気に働いていたあさに異変が起こる……という展開だった。

画像をクリックするとスライドショーを展開します

Close
「あさが来た」画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【関連記事】
Close
NHK朝ドラ(連続テレビ小説)のヒロインたち
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
ハフポスト日本版ライフスタイルはTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

【あさが来た】高視聴率にびっくりぽん! 「激動期」「嫁いびり」「しなやかな ...