NEWS

【カー・オブ・ザ・イヤー】栄冠はマツダ・ロードスターに。S660を振り切る(画像集)

2015年12月07日 16時03分 JST | 更新 2015年12月07日 18時30分 JST
Kenji Ando

その年の最も優秀な自動車を選ぶ「日本カー・オブ・ザ・イヤー2015-2016」に12月7日、4代目マツダ・ロードスターが選ばれた

45台のノミネート車の中から、一次選考で上位10台を選出。その後、最終選考にて自動車評論家、ジャーナリスト、有識者からなる60人の選考委員の投票で、大賞が決定した。自動車ニュースサイト「RESPONCE」によると、開票序盤からマツダ・ロードスターとホンダ・S660のオープンスポーツカーによる一騎打ちとなったという。マツダは2014年のデミオに次いで2年連続の栄冠を手にした。

マツダ・ロードスターは、4代目モデルが5月に発売されたばかり。2人乗りスポーツカーとしては定番車となっており、「世界で最も多く生産された2人乗り小型オープンスポーツカー」としてギネスブックに登録されたこともある。以下では、4代目マツダ・ロードスターの新車発表会での雄姿をお見せしよう。

  • Kenji Ando
    ベールを脱ぐ4代目ロードスター。2015年5月20日、東京・日本橋の発表会場で撮影。
  • Kenji Ando
  • Kenji Ando
  • Kenji Ando
  • Kenji Ando
  • Kenji Ando

以下の画像をクリックすると、スライドショーを展開します

東京モーターショー2015のコンパニオン


【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています