NEWS

「赤色警報」で北京に特殊マスク姿の人々が現れる 大気汚染が深刻な状況に【画像集】

2015年12月09日 00時06分 JST | 更新 2015年12月09日 00時18分 JST
ASSOCIATED PRESS
In this Dec. 8, 2015 photo, a man wears a mask to protect himself from pollutants on a heavily polluted day in Beijing. Episodes of nauseating smog lasting several days has become part of wintertime in Beijing. (AP Photo/Andy Wong)

北京市当局は12月7日、大気汚染に対し初めて最高レベルの警報である「赤色警報」を発令した

ロイターによると、赤色警報が発令された場合、大型車両の運転は禁止となり、一般車両もほぼ半数が運転を禁じられた。ほとんどの学校が休校となり、企業も就業時間をフレックスタイム制に切り替えるよう推奨された。韓国の中央日報によると、北京市内の日本大使館の向かいにある病院では、呼吸器の痛みを訴える患者の予約電話でいっぱいだったという。

屋外ではほとんどの人がマスクを着用。「エアーブリーザー」と呼ばれる、ゴミなどを除去する機能のついたマスクを装着している人の姿も多く見られた。なかには、ガスマスクを装着してバイクに乗っている人まで現れた

▼画像をクリックすると現地の人々のマスク姿の写真が閲覧できます▼

中国 赤色警報

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています