NEWS
2015年12月08日 16時16分 JST | 更新 2015年12月08日 16時18分 JST

【ポータブック】キーボードが真っぷたつに割れるノートPC、キングジムが開発

「テプラ」などで知られる文具メーカーのキングジムが12月8日、同社初のノートPC「ポータブック」を発表した。ワープロ専用機の「ポメラ」の発展版で、キーボードが真っぷたつに割れて収納されることで、大幅なコンパクト化を果たした。

iPad Miniと同じ8インチ液晶サイズの筐体に、12インチPCに匹敵する18mmのキーピッチと、打ち心地のよい1.5mmのキーストロークを持つフルキーボードを搭載したという。

ポータブックの開発本部長は「ポータブックは、ビジネスの未来を変えるような商品でもないが、明日の出張は変えられるかもしれない」と説明したという。Windows 10 Home搭載で2月12日発売。PC Watchによると店頭予想価格は9万円前後。

■キングジムの公式Twitterでの告知

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています