Huffpost Japan

メルケル・ドイツ首相、タイム誌の2015年「今年の人」 選ばれた理由は?

投稿日: 更新:
印刷

アメリカのタイム誌は12月9日、2015年の「パーソン・オブ・ザ・イヤー(今年の人)」に、ドイツのメルケル首相を選んだと発表した

欧州の債務危機や中東などからの難民受け入れに対する行動力によって、「開かれたボーダーレスな欧州を維持、促進してきた指導力」を発揮したことが理由だ。パリの同時多発テロも加わって、欧州が排他的になりそうなとき、「メルケル氏がその都度、介入した」と評価した。

time magazine

「タイム」紙の表紙を飾るメルケル首相

「今年の人」は、タイム誌が1927年以来、「良くも悪くも、最もニュースに影響を与えた人」を選んでいる。2015年はアメリカ大統領選に名乗りを上げている不動産王ドナルド・トランプ氏や、過激派組織「イスラム国」(IS)の最高指導者アブバクル・バグダディ容疑者のほか、トランスジェンダーをカミングアウトした元オリンピック金メダリストのケイトリン・ジェンナーなどが候補に挙がっていた。

タイム誌のナンシー・ギブス編集長は、発表文で「人々が従いたくない局面でしか指導者は試されない」として、「大半の政治家よりも多くのことを自国に求め、暴政と安易な利己主義に対して断固たる姿勢で立ち向かい、世界でもまれな確固たる道徳的指導力を発揮したアンゲラ・メルケル氏が、タイム誌の今年の人だ」とコメント。「人間性や寛大さといったこれまでとは異なる価値を前面に打ち出し、ドイツが持つ強大な力を、どうすれば破壊ではなく救済のために使うことができるのかを示した」と称賛した。

個人の女性が選ばれたのは、イギリスのエリザベス女王(1952年)、フィリピンのコラソン・アキノ大統領(1986年)に続き29年ぶりとなる。

【関連記事】
Close
TIME 世界で最も影響力のある100人 2015年
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

タイム誌「ことしの人」 独のメルケル首相

米タイム誌の「今年の人」、独のメルケル首相を選出

【移民ショック】 独流入の難民100万人に メルケル首相の寛容姿勢に圧力も

「今年の人」にメルケル独首相=米誌タイム