NEWS

パラシュートなしのスカイダイビングは超クレイジー 「全く怖くない」と無謀な男は言う。

2015年12月11日 23時42分 JST | 更新 2015年12月13日 02時24分 JST

怖いもの知らずのアンティ・ペネディカイネンが、フィンランド上空4000mの熱気球から飛び降りるのを見てほしい。

スリルを求めるアンティ。雲の間を真っ逆さまに落ちるやいなや、完全装備の2人の男が空中で彼を追いかけてキャッチ。見ているこちらも心臓が飛び出しそうになる。

CATERS NEWS

「ずっとパラシュートなしで飛んでみたかったんです。そしてついにやった」と彼はケイターズに語った。

目標を持つのは確かにすばらしいことだけど…、それがこれ?

CATERS NEWS

ペンディカイネンは1年間トレーニングを積み、頭の中で何度もこの離れ業をシュミレーションした。

「怖いと思ったことはないよ。次はもっと楽しくてクレイジーなことをやりたい」と彼は話す。

でも、この離れ業を超えるのはかなり難しそうだ。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】

    ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

    2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png