NEWS
2015年12月13日 23時32分 JST | 更新 2015年12月13日 23時58分 JST

地下鉄ホームから転落した男性。彼を救ったのは意外な人物だった(動画)

Hisham Ibrahim via Getty Images
Paris Metro Train, Illuminated, Subway Train, Subway Station, Subway Platform, French Culture, Public Transportation, Travel Destinations, Waiting, No People

多くの犠牲者が出た同時多発テロから1カ月を経たパリで、ちょっと心が温まる動画が届いた。

公共放送フランス・テレヴィジオンの番組の一部が12月9日、Facebookに動画投稿され、5日間で約500万回も再生されている。

Quand un voleur sauve sa victime

Après lui avoir fait les poches alors qu'il était endormi, ce voleur est la seule personne à intervenir lorsqu'il voit sa victime tomber sur les rails. Un autre homme assistant à la chute, reste les mains dans les poches.Cette scène surréaliste est filmée dans le métro parisien.La playlist « Non-assistance à personne en danger » ↓ http://zoom.francetv.fr/video/des-victimes-agressees-dans-l-indifference/playlist/non-assistance

Posted by francetv zoom on 2015年12月9日


早朝に撮影された、地下鉄駅ホームの監視カメラの映像だ。泥酔した男性が、地下鉄のベンチに腰掛けて熟睡している。そこに黒ずくめの男が忍び寄ってきた。隣に座って彼のポケットに手を突っ込んで財布を抜き取った。そう、この男はスリだったのだ。

やがて、ようやく目が覚めた男性。酔いが醒めないのか、線路の方にフラフラと歩いて行く。あっ!と思うまもなく、男性は線路に転落してしまった。紫色のジャンパーの男性がその様子を見ていたのが、気にせず立ち去ってしまう。

まもなくホームに電車が入ってくる。緊急ブレーキで男性は間一髪で助かった。ホームの反対側から駆け寄って、男性をホームに引っ張り上げたのは、さっき財布を盗んだばかりの男だった。

フランスの英語メディア「ザ・ローカル」によると、パリ警視庁のエマニュエル・オステル捜査官は「男は、自分にとって犯行がばれて不利になると分かっていても、人が感電死することを見逃すことができなかったのでしょう。どんな泥棒にも良心はあるし、どんな傍観者だって(見て見ぬふりをすれば)悪者になる可能性があります」と話している。

【関連記事】

▼画像クリックで開きます▼

北朝鮮の地下鉄画像集


ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています