Huffpost Japan

火事で家族を失った少女に、ネットユーザーが送った小さな贈り物

投稿日: 更新:
SAFYRE TERRY
CORRECTS YEAR TO 2015, NOT 2013 - Safyre Terry, 8, opens a gift Wednesday, Dec. 9, 2015, at a post office near her home in Rotterdam, N.Y. Safyre, who lost her father and three younger siblings and was burned over 75 percent of her body in a May 2013 house fire, has been receiving cards and gifts from across the country since her custodial aunt posted a photo of her on Facebook with a message saying she’d like to get cards for a Christmas tree display stand. The post has been shared tens o | ASSOCIATED PRESS
印刷

サファイアちゃんがクリスマス・カードに事欠くことはないだろう。親切なネットユーザーのお陰だ。

サファイア・テリーちゃんは、2013年に両親と3人の兄妹を放火魔による火事で失った。当時8歳だった少女は、身体の75%以上に火傷を負い、右手と左足を失った。現在は叔母と法定後見人のリズ・ダドラーさん、そしてその家族とともにニューヨーク州ロッターダムに暮らしている

I wonder how many of my friends would take the time to write and send Safyre a Merry Christmas card that she can hang on her card tree....Safyre P.O. Box 6126Schenectady NY 12306

Posted by Kevin Clark on Friday, December 4, 2015



そんなサファイアちゃんに、ダドラーさんからあるプレゼントが贈られた。ツリーの形をしたクリスマスカードホルダーだ。サファイアちゃんはカードホルダーを受け取ると、「ツリーが手紙でいっぱいになるのが待ちきれないわ」と言ったという。だが、カードホルダーには100枚までカードが取り付けられる。サファイアちゃんの叔母は、彼女が「ツリーを手紙でいっぱいにしたい」と言った時、その願いが叶うことは難しいと思ったという。

しかし、ダドラーさんがFacebook上にサファイアちゃんと新しいカードホルダーの写真を投稿すると、友人の1人、ケビン・クラークさんが反応した。クラークさんは、サファイアちゃんが肉親と一緒にいられなくても、彼女のことを大切に思ってくれる人がたくさんいることを伝えなければならない気持ちに駆られたという。そこで彼はFacebook上の友人に呼びかけ、少女にクリスマスカードを送ろうと呼び掛けた



「その喜びや目の輝き、弾ける笑顔は言葉で表せないほどのものでした」とダドラーさんはハフポストUS版に対して語った。

サファイアちゃんのFacebookページによると、メッセージが共有されてからわずか数日で、彼女の元に27通ものカードが届いたという。しかも、ダドラーさんによれば、彼女のもとにはもっと多くの手紙が届く予定だという。Facebook上では「彼女に手紙を送った」という趣旨を含むコメントや、その他の激励のメッセージが350件も投稿されている



サファイアちゃんは、火事の唯一の生存者で、手術を受けた回数は50回以上にのぼる。しかし、あらゆる困難を乗り越え、彼女は力強く生きてきた。

「サファイアは全てを失いました。父、母、兄妹、家、お気に入りのおもちゃや洋服など慣れ親しんだ物全てです。鏡に映る自分の姿さえ、変わってしまったのです。でも彼女は毎朝笑顔で目を覚まします」

「彼女こそ真の希望であり、信頼であり、愛なのです」とダドラーさんは語った。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。


【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

Also on HuffPost:

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

「007」が大好きな男の子、ジェームズ・ボンドに感動のご対面!リアクションが超可愛すぎる【動画】